トップページ

    このサイトではBMWの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「BMWの買取相場を調べて高く買い取ってくれる買取店に売却したい」と感じている場合はこのサイトに掲載しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    ドイツ車のBMWを高く査定してもらうために大事なことは「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取店のみとか近くのBMWディーラーで下取りということを考えている場合は確実に損をするので考え直してください。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するので隙間時間でできます。複数の車買取業者からの査定額を比べられるので、BMW(Bayerische Motoren Werke AG)の買取価格の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社にBMWの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用すると多数の車買取会社から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「BMWを高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているBMWの買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、輸入車のBMWを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    BMWの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社の買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「数年落ちのBMWの買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年間乗ったBMWでも高く買い取ってもらうことができます。

    最大10業者がBMWの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたBMWを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がBMWの査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したBMWを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、サポート体制も充実していますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間の輸入車取扱台数は外車のみで1500台。全国対応で出張査定費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の中古車買取の専門店なので、ドイツ車のBMWを売るなら他の買取業者より高く売却できる可能性があります。
    そういったこともあるので、ドイツ車のBMWであればとりあえずランキング上位の車買取一括査定サービスを使って概算査定額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたBMWを売りましょう。






    車買取コラム

    ボディにキズやへこみがある場合にはマイナス査定されることが多いです。

    しかしながら、マイナス査定を避けるために査定前に個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、個人で直すのにかかった経費より多く高く見積もってくれる保証はないからです。

    個人修理しようとするよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何個かあるでしょうが、これらトラブルの中には実際に酷く質の悪いものもあるのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、再チェックで問題箇所が出てきたからなどと理由を付けて実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    最も悪質と思われる業者の場合は、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれてドンドン低く見積もられることになります。

    総走行距離数が5万km以上の車は多走行車という名称があり、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、査定金額がつかない場合も多いです。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、状態やニーズ次第です。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、マイナス評価が入ることもあります。

    趣味に走りすぎたものや使用用途が限定されたものも市場ニーズが見いだせないため、マイナス要素になりえます。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。

    車を買い取る前に行われる査定では、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準からマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    中でも減点対象としてはずせないのは誰が見てもわかるところで車体の傷やヘコミ、塗装浮きなどです。

    しかし査定前に気になって素人作業で補修したりすると、大きなマイナス点をつけられるケースも多いです。

    身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい金額を競わせ、査定価格の底上げを図ることもできます。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合はどことも競う必要がないため、安く見積もられてしまう可能性もあります。

    とはいえ、購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。

    どちらも一長一短ですが、下取りでは査定料をとられることが多いので、両方試すなら無料の買取査定が先でしょう。

    じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、いつまでも変わらず同じ値段で買い取ってくれるわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、買取業者はどこでも一定期間の査定額保証期間を設けています。

    査定金額を示されたときに売ることを躊躇してしまうような場合は提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までか事前に必ず聞いておくべきです。

    査定金額の補償期間については交渉次第のところもありますが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    「車検切れ」である車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければさほどプラス査定にはならないのです。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、こうした書類を揃えることは不可能ですから、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、売るのは簡単なことではありません。